i

当院の経絡治療とは?

当院では、井上系経絡治療を主体に治療を行っております。

井上系経絡治療の特徴は、

【1】診断・治療がシンプル。 しかもシステム化(再現性があり、予後の診断も可能)されている普遍的な治療法です。

【2】使う道具が、長柄鍼1本と少量のモグサだけ。(バネてい鍼でもOK)

【3】刺さないので患者さんの負担が少ない。(身体面でも衛生面においても。また、手術後等であっても治療が出来る。)

【4】治療がスピーディーなので、沢山の患者さんの対応が出来る。

【5】古代中国医学「気の医学」が土台になっており、治療を続けていると体調の改善だけでなく、精神面にも落ち着きが出てくる。

【6】全て言葉で説明され、神秘性がなく、論理的。

以上の6つが挙げられます。

 

こんな人は治りません

伝説の医家「扁鵲(へんじゃく)」の残したと言われる言葉の中に

「こんな人は治りません!」というものがございます。

これは現代でも通じるのではないかと思いましたのでご紹介いたします。
(※ただし、4番と5番については、「井上系経絡治療」では対応可能だなと思います。)

【6つの不治】

1.おごりがひどく、欲ばりで、物事の道理に従わない状態。

2.お金などをけちって健康を軽んじる状態。

3.衣食住を適切にしない、できない状態。

4.陰陽が五臓に滞り、気が安定しない状態。

5.身体が衰弱しきって、薬を服用できない状態。

6.巫を信じて医を信じない状態。

 

『井上系経絡治療』の詳細説明は、こちらから。

サブコンテンツ


このページの先頭へ